介護の資格

【介護の資格】介護福祉士とは?介護のプロが徹底解説!

更新日:

介護の仕事にかかわる国家資格として誕生した介護福祉士。

介護に関わる専門的な知識や技術をもって高齢者や身体の不自由な方への援助をすることができ、医療職などの専門家との連携を行い、現場をまとめる立場でもある介護のスペシャリストです。

介護現場で働く人にとっては、チャレンジしたい資格の一つですよね。

気になる国家試験のことや給与、今後さらなるステップアップとして求められる認定介護福祉士や管理介護福祉士のことについてご紹介します。

介護福祉士の資格でできるること

介護福祉士は、「介護福祉士でなければこの仕事はできない」というものがありません。

資格を持っていない介護士と同じように、高齢者や身体の不自由な方に対しての食事・排泄・入浴などの援助が主な仕事です。

「資格を持っていなくてもやることは同じだし、無理に資格を取らなくてもいいんじゃないの?」と思うでしょう。

しかし、介護福祉士の資格を持っているのと持っていないのでは大きな違いがあります。

そこで、介護福祉士の資格でできることをご紹介します。

サービス提供責任者になれる

介護福祉士の資格を取得すると、訪問介護事業所のサービス提供責任者になることができます。

介護職員初任者研修を修了した職員でも実務経験を満たしていれば責任者になることができますが、報酬の減算の対象になってしまいます。(施設に入るお金が減ってしまうので、事業者としては「介護福祉士」を求めているわけです。)

そのため、責任者になるには、介護福祉士を持っていることが最低条件であることは間違いありません。

介護福祉士の資格があれば、その他にもこんなことができます。

  • 同じ職場の介護士への指導
  • 施設職員のリーダーになり、職員や利用者をまとめるポストにつける

さらなるキャリアアップを目指せる

介護福祉士の資格があると、さらなる多くの資格を目指すことができ、仕事の幅がぐんと広がります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

利用者のケアプランを計画できるケアマネージャー(介護支援専門員)への道があります。ケアマネージャーは医療・福祉などの国家資格を持ち経験を積んだ人が目指すことができる資格です。

介護福祉士の資格を取得し、更なる資格を目指してケアマネージャーを目指す人も少なくありません。

【介護の資格】ケアマネージャー(ケアマネジャー/介護支援専門員)とは?

在宅介護を利用するには欠かせない存在であるケアマネージャー。近年の高齢社会によってその需要はとても多く、介護の資格の中でも人気職種のひとつです。 ケアマネージャーとよく呼ばれていますが、正式名称である ...

続きを見る

生活相談員

施設へ入所する際の契約や相談に応じる生活相談員の資格の条件に、介護福祉士が対象になるところがあります。

認定介護福祉士・管理介護福祉士

介護福祉士として施設のリーダーなどを経験したり、居宅や施設など多くの介護現場の経験をすれば、さらに上級資格の認定介護福祉士や管理介護福祉士を目指すことができます。

これから介護の仕事でのキャリアアップを考えている方は、介護福祉士の資格は必須といえるでしょう。

新人介護士なーこ
「介護福祉士」の資格を持っていると、こんなに沢山の仕事が出来るようになるんだね。これは取っておくメリットがあるかも!
介護転職エージェント湊
介護福祉士のような国家資格はお金の借り入れをする時の与信にも影響することがあるし、社会的な信用度が高くなるメリットもあるよ。
新人介護士なーこ
へー、仕事以外にも良いことがあるんだね。

介護福祉士になるには国家試験に通ることが必要

介護福祉士の国家試験の受験資格について

介護福祉士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。介護福祉士の国家試験を受けるには、主に下記の条件が必要ですのでご紹介します。

実務経験から試験を受ける

実務経験の対象となる介護施設や病院などで3年以上介護士として経験を積んで、介護職員実務者研修を修了します。

介護士として働きながら受験資格を得るにはこのルートがオススメです。

福祉系高校から試験を受ける

福祉系の高校で必要単位をとり、学校の卒業試験を受けて資格を取得します。平成21年度以降の入学者は筆記試験で合格すれば介護福祉士の資格取得ができます。

平成20年度以前の入学者は卒業後に介護福祉士の筆記試験と実技試験に合格する必要があります。ただし「介護技術講習」を受講すれば実技試験が免除になります。

養成施設から試験を受ける

介護福祉士の養成施設は四年制大学、短期大学、専門学校などのことです。

学校を卒業すれば介護福祉士の国家試験を取得できましたが、2022年以降より、養成学校を卒業したとしても、介護福祉士の国家試験を受験し合格しなければ資格がとれなくなります。

新人介護士なーこ
介護士として働いてる人は「3年以上の実務経験」があれば受験できるんだね。私もあと3年頑張ろう!

介護福祉士の国家試験の難易度と実務者研修について

平成28年度の合格率は70%を超えました。(厚生労働省介護福祉士合格発表調査より)それまでは60%前後だったため、国家試験としては合格しやすいと言えるでしょう。

合格率70%に上がった背景には、昨年度までは実務経験がクリアできていれば受験できていたのですが、今年度より「介護福祉士実務者研修を修了すること」が受験資格に加わったため、研修に参加できず受験率が下がったことが要因の1つです。

今回より必要となった介護職員実務者研修は、介護の基本的な知識と技術をさらに専門的に理解して、実践に近い介護技術を身につけるための研修です。

基礎知識や技術だけでなく、介護保険やケアプランについて、たんの吸引、経管栄養など医療的な実践演習などがあります。

介護福祉士を受験する場合、この研修を修了することが必須となるので、忘れずにチェックしましょう。

新人介護士なーこ
今年からは「介護福祉士実務者研修」を修了しないと受験資格が得られないようになったんだね。
介護転職エージェント湊
介護関係の資格取得は「前提条件」が必要になったり、「試験の難易度」が上がっているものが多いね。
新人介護士なーこ
取れる資格は早め取った方が良さそうだね。もし未経験の人が目指すなら「介護職員初任者研修」→「介護福祉士実務者研修」→「介護福祉士」の順番でステップアップしていくのが良いかも。

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)の記事はこちらをチェック!

【介護の資格】介護職員初任者研修(ヘルパー2級)とは

今は何も資格がないけど、これから介護職として働いていきたい。介護の仕事に興味がある。そこで、介護職員初任者研修という研修制度があるのをご存じでしょうか。 介護職員初任者研修は、介護に関わったことのない ...

続きを見る

介護福祉士の給料や年収について

介護福祉士の気になる給料や年収は…?

一般的に施設で働く正社員で介護福祉士の月給は、夜勤業務があっても15万~17万と言われ、年収は250万~400万が一般的です。

肉体的、精神的にもキツイのに、給料が似合ってないという理由で、離職率も高いのが現状です。

しかしそれは事業所によって大きく違い、公務員に準じた給料体系をもうけ企業努力をているところもあります。

福利厚生や業務手当などがしっかりしていれば、安心して仕事をすることができます。

就職の際、給料以外の福利厚生などのことは面接などでしっかり聞いておくことをオススメします。

介護福祉士の資格手当について

介護福祉士の資格手当が3000円というところもありますが、職場によっては1万円というところもあり、職場によって大きく開きがあるのが現状です。

資格手当が少ないと、介護福祉士を取得する労力などを考え諦めてしまう方もいるでしょう。

しかし、介護福祉士の施設全体の人数がアップすれば、その分施設への介護給付費がアップしてそれが給料として還元されたり、介護福祉士の資格所有者が増えることで施設そのものの質が上がっていきます。

介護福祉士の介護報酬とキャリアアップについて

2017年4月、臨時の介護報酬改定が行われ、介護職員の給料が月に平均して1万円アップすることが期待されています。

そして、職員それぞれの能力を重視していこうという取り組みが行われているため、今後介護福祉士の資格を取得し、確実に経験を重ねることで、給料を上げていこうという取り組みがあります。

そこで、さらにキャリアアップした認定介護福祉士という資格ができるのをご存じでしょうか?

能力の高い資格を取得することで、周りからの信頼も厚くなり、それが給料にも反映されていくことが期待されています。

新人介護士なーこ
資格を取ったあとは「福利厚生」や「業務手当」がしっかりした施設で働くのがベストってわけね。
介護転職エージェント湊
実際、資格手当をほとんど支払わないというような施設もあるから注意したいところだね。
新人介護士なーこ
せっかく頑張って取った資格だし、しっかりと評価してくれるところで働きたいな。1万円〜2万円もアップすれば毎週のお休みにはお寿司を食べることもできるもんね♪

介護福祉士のこれから

介護福祉士からキャリアアップ!認定介護福祉士・管理介護福祉士とは

認定介護福祉士とは

介護福祉士の上位資格として制定が予定されている認定介護福祉士。生活を援助する介護福祉士を増やし、さらに質を高めていくために作られた資格です。

以下の項目のような経験豊富な介護福祉士が対象となります。

  • 経験年数が7~8年あること
  • 介護施設のユニットリーダーなどの実務経験があること
  • 居宅介護や施設介護の経験が両方あること
新人介護士なーこ
条件は大変そうだけど、これだけ沢山のことを経験したベテランさんにはもってこいの資格だね。

認定介護福祉士の仕事

認定介護福祉士の仕事内容は以下のようなものになると期待されています。

まだ制度が整っていないので、国家資格になるのか、公的資格になるのかは未定です。

  • 介護職員や介護福祉士への指導
  • 利用者や職場のチーム全体をまとめる力
  • 生活支援にかかわる医療チームやソーシャルワーカー(社会福祉士など)などとの連携を図る立場

認定介護福祉士の待遇

待遇面でも給料アップすることが期待されます。

さらなる上の資格があるということで、今リーダーなどの責任のある仕事をしている現場の介護福祉士ひとりひとりのモチベーションアップが期待できるでしょう。

介護転職エージェント湊
高齢化が進み需要が高まるなか、介護士の処遇改善と人材の確保・育成は急務です。是非今のうちからスキルアップを目指していきましょう。

管理介護福祉士とは

また認定介護福祉士よりさらに上位資格である、組織や、介護サービスの総合的な管理を行う管理介護福祉士の国家資格の誕生も期待されています。

介護福祉士のまとめ

介護職のスペシャリスト、介護福祉士について気になるところをまとめて紹介させていただきました。

介護福祉士の資格を持っていると、サービス利用者や職員からの信頼が上がり、責任のある仕事を任されるようになります。

介護福祉士の資格があれば選択できる会社や施設が広がるので、まずはいろいろな施設を見てみて、自分が納得のいく就職先を見つけましょう。

今後ますます高齢社会が拡大する中、介護福祉士という介護のスペシャリストになりたいと一人でも感じてもらえることを願っています。

さらすぴ

大卒後、デイサービスの介護士兼相談員、特養の介護士を経験。働きながら資格取得し、現在専業主婦1児の母。また福祉の現場に立つ為にライターを経験しながら勉強中です。【職歴】デイサービス特別養護老人ホーム、市役所介護保険課【職種】介護職員、デイサービス相談員【資格】社会福祉士介護福祉士介護支援専門員(ケアマネージャー)

-介護の資格

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.