介護の転職

【介護の転職】デイサービス(通所介護)とは?

更新日:

今後ますます需要の高まる介護業界。中でも欠かせない施設のひとつがデイサービスです。今回、デイサービスで働いてみたい方のために、業務内容や職種、働く上での注意点や必要資格などについてお伝えしていきます。

デイサービスの業務内容について

まず、「デイサービス」と名のつくものには、大きく分けて3つあります。

  • 高齢者デイサービス
  • 障がい者デイサービス
  • 放課後等デイサービス

ここでは「高齢者」のデイサービスについて説明します。

デイサービスは「通所介護」ともいい、在宅で介護を受けている人が、施設に通って介護を受ける日帰りの福祉サービスです。主に「要介護認定」を受けた人が利用できます。

デイサービスの利用によって、利用している本人のADLやQOLの維持・向上に貢献できるのはもちろんのこと、利用者の家族の介護負担軽減にもつながります。

基本的に送迎はサービスを提供している側が行い、施設で食事や入浴などの介護・介助が行われます。

そのほかに、レクリエーションや機能訓練なども行います。これらは各デイサービス施設の特色にもなるところなので、その内容や比重は施設によってさまざまです。

デイサービスの職場で働いている職員について

デイサービスの職員は、さまざまな役割をもった人たちで構成されています。どのような役割の人が働いているのか、デイサービスの最高責任者である管理者のほかに、主な職種を5つに分けて説明します。

デイサービスの介護職員

デイサービスは「通所介護施設」ですから、メインとなるのは介護職員です。

介護職に関わる資格には、「介護福祉士」や「介護職員初任者研修修了」などがありますが、とくに資格を持たなくても介護に従事できます。

介護職員は、デイサービス業務のほぼすべてに関わる、デイの中心的存在といえます。その業務内容は、排泄介助や食事介助はもちろん、電話応対やレクリエーションの担当、事務作業までとさまざまです。

デイサービスの看護職員

「看護師」や「准看護師」の有資格者で、利用者の健康管理の中心的な役割を担っています。デイサービス到着時に血圧や体温を測るなどして、利用者の健康チェックを行う施設が多いです。

また、入浴のあるデイサービスでは、入浴前の健康チェックも欠かせません。

そのほかにも、持病がある利用者の薬の服用の管理、傷の手当なども、主に看護職員が行っています。

デイサービスの機能訓練指導員

デイサービスでは、「機能訓練指導員」とよばれる人員を一人以上配置させるよう義務付けられています。

「機能訓練指導員」というのは資格の名称ではなく、下記のいずれかの資格を持った人が就くことのできる職種です。

  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 柔道整復師
  • あん摩マッサージ指圧師

また、「看護師」も「機能訓練指導員」に就くことができるので、看護師が役割を兼ねている場合もあります。主な業務は、利用者の運動機能や生活機能の維持・向上のために、運動などの機能訓練指導を行うことです。

生活相談員

その名の通り、利用者の相談に乗る役職です。相談内容はさまざまで、サービスに関する要望や苦情なども受け付けますので、非常に重要な役割を担います。

また、サービスに関する各種手続きも行いますので、管理職の立場にあたります。多忙な職種ですが、その分やりがいが感じられる役職でもあります。

「生活相談員」というのは資格の名称ではなく、職種の名称で、以下のような資格を持った人が就く仕事になります。

送迎の運転手

デイサービスの送迎業務を行う人のことです。

介護職員などが役割を兼ねている場合も多いですが、地域のシルバー人材センターなどから派遣されてくる職員もいます。

デイサービスの規模にもよりますが、送迎は2人で行うことが主なので、複数人は必要となる職種です。

デイサービスの業務内容や流れは?

一日の業務や流れに関しては、デイサービス各施設の特色があらわれるところですので、施設によって違いがあります。

大まかな部分に関しては共通するところがあるので、一日の流れと共に説明します。

利用者の朝の送迎

曜日ごとに利用者も変わりますし、新たな利用者が増えることもあります。

毎朝職員同士で打ち合わせを行い、利用者の居住地域ごといくつかの送迎車に分かれて、朝の迎えをします。

施設への到着

送迎の順番により利用者の到着時間はそれぞれ違います。大抵は到着時に、看護職員が健康チェックを行い、ほかの職員がお茶出しなどを行います。

利用者全員が到着したところで、担当の職員が朝の会などの催しをします。朝の会では、点呼や利用者とのコミュニケーションを楽しんだり、体操や歌などを行う施設が多いです。

利用者の入浴や個別活動

入浴希望のある利用者には入浴介助を行います。浴室に入ってしまうとフロアでの活動が見えなくなるので、職員はフロアの担当と入浴担当に分かれることになります。

デイサービスでは自由な時間も多いので、午前午後問わず利用者それぞれが自分にあった活動を行います。

やりたいことを積極的に伝えてくれる利用者もいれば、何をしたらいいのか自発的に考えることが苦手な利用者もいます。そういった方には、活動の手助けやきっかけづくりを行うのも職員の役割のひとつです。

昼食(食事介助)

半日のデイサービスではない場合、午前と午後の活動の間に昼食があります。介護度などによって食事介助が必要な利用者には、介護職員や看護職員などがついて介助を行います。

また、食事の内容も利用者個人の状況によって、調理員が適切な加工(きざみ食など)を行い提供します。

レクリエーションや機能訓練

レクリエーションや機能訓練に関しては、デイサービスの特色が強くあらわれる部分です。レクリエーションに重点を置いている施設もあれば、機能訓練に特化した施設もあります。

レクリエーションでは、職員が利用者に様々な遊びや催し物を提供します。誕生日や季節にちなんだイベント、室内でできるスポーツ、頭をつかうクイズなどがあります。

またカラオケも、多くの施設で利用者に人気です。機能訓練に関しては、一日を通して行われる場合と時間が決まっている場合があります。

施設ごとにいろいろな器具(歩行訓練用の平行棒や階段など)が置かれているので、それらを使用し自主的に訓練を行える利用者もいれば、機能訓練指導員が直接指導にあたる利用者もいます。

利用者の帰りの送迎

一日の活動を終え、職員とともに送迎車で利用者は帰宅します。

午後に一度おやつの提供があったり、帰りの会を行うデイサービスも多くみられます。

大抵、送迎に出る職員と施設に残る職員に分かれますので、残った職員は掃除や事務作業などの仕事をこなします。


以上が、デイサービス業務の一日の大まかな流れです。

デイサービスで働きたい場合、必要な資格や注意点は?

看護職員や機能訓練指導員など特別な資格を要する職種を除いて、デイサービスで介護職員として働きたい場合は特に必要な資格はありません。

しかし、介護業界に役立つ資格というのはいくつもありますし、働く上で確かな知識と技術を持っているという証にもなります。

介護職員として働いていきたいのであれば、まずは「介護職員初任者研修」を受講することで、介護の基本的な知識や技術が身に付きます。

その上位資格には「介護福祉士」があり、多くの介護職員が目指す資格です。

さらに、福祉施設での実務経験などが必要となる「ケアマネージャー」も、利用者・家族と施設との重要な橋渡しとなる、介護業界のスペシャリストです。

看護職員、機能訓練指導員、生活相談員などの専門職は、先述の通り、特定の資格が必要な職種です。

デイサービスで働くうえで資格以外に必要なもの

では、資格についていくつか紹介しましたが、資格以外に重要なことをお伝えします。それは、働く人の素質が大切な要素であるということです。

デイサービスでは、大抵働いている自身より人生の先輩である、高齢者と接します。ですから、どんなときもまずは利用者を尊重する姿勢を持つことが大切です。

また、身体の不自由な人や、認知症などで意思疎通の難しい人も利用者の中には少なくありません。そういった人に対して、あせらず相手のペースに合わせながら接する忍耐力も必要です。

そのほかにも、デイサービスの職員になるとレクリエーションの担当になることもありますので、人前で話すことや、利用者に楽しさを提供できるスキルも求められます。

デイサービスで働くということは、ただ介護や看護、機能訓練の技術があることよりも、人としての総合的な力をつけていくことが大切です。

今後、日本ではますます高齢者が増えていくこともあり、介護をする人・される人にとって、介護職員はさらに必要とされる職業となっていきます。

慣れないことや難しいこともありますが、人の役に立つことを実感できるやりがいある仕事です。

デイサービスへの転職を目指すみなさんへ

デイサービスはじめ、介護業界は人対人の仕事なので、その中で実務経験を積んでいくうちに、自身が成長していることを実感できる瞬間がたくさんあります。

資格に関してもさまざまなものがありますし、いずれも専門的な知識を要するものばかりです。そのような資格の取得を目指すことは、日々の仕事へのモチベーションの維持にもつながります。

やりがい、充実感や達成感、知識・技術の追求など、奥の深い業界が介護です。その中でも身近なデイサービスという施設。

これから介護業界に進みたい人に、デイサービスでの経験は役に立つことがたくさんあります。ささらにいえば、人生においても生かせる知識やスキルも身に付きます。誇りを持ってその道を進んでほしいと思います。

介護の転職ノート@運営スタッフ
介護の転職ノートは介護職に関する情報サイトです。介護職に関わるみなさまの役に立つようなコンテンツを提供できるように、日々努力してまいります。サイトに関するご意見、ご要望などございましたら「お問合わせ」フォームにて受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

-介護の転職

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.