介護の転職

【介護の転職】訪問介護とは?

更新日:

皆さんは、「訪問介護」「ヘルパーさん」と聞くと、どんなサービスを想像しますか?よく“お手伝いさん”や“家政婦”のような家事代行サービスの延長線上にあって、身の回りの介護もプラスアルファでやってくれるもの・・・というイメージを持っている方がいるようです。

実は、介護保険の法律に従って提供されているサービスで、介護の視点にたった専門的な方法によって行われているのです。そこで、今回は訪問介護サービスについて解説していきます。

訪問介護の事業所にはどんな職員がいるの?

訪問介護事業所には、以下のような職員が勤務しています。

  • 所長
  • サービス提供責任者
  • 訪問介護員
  • 事務員

それぞれの職種ごとの役割は下記の通りです。

所長(管理者)全体の管理、法令、人員基準の把握

文字通り、事業所全体の運営について管理するのが業務です。訪問介護事業所は、介護保険法に基づいて県から指定を受けて運営されています。そのため、法律によって行動指針や人員配置、やるべきこと・やってはいけないことなどが決まっています。管理者本人がそれを守ることはもちろん、部下の職員が法律をしっかり守っているか、倫理的に間違ったことをしていないかなどの管理・確認業務を行っているのです。

よく誤解されがちですが、訪問介護事業所の所長については、特に資格がなくてもつくことができます。

サービス提供責任者

一般的に主任のような役割を行っています。所長からの指示のもと、本人・家族・ケアマネジャーとの連絡調整を行い、実際のサービス提供についてリーダーとなるのがサービス管理責任者です。通称“サ責”と省略して呼ぶことが多いです。

実際のサービス提供に関する流れは以下のとおりです。

  1. サービス提供依頼に対して実際に自宅を訪問して聴取、実情の確認を行ってサービス計画を作成
  2. 実際にサービス提供を行う訪問介護員への指導
  3. サービスが適切に提供されているかの確認
  4. 請求業務(利用者への請求・国に対する介護報酬の請求)
  5. 計画の評価と改良
  6. 各種相談(本人や家族の悩みを聞く、ケアマネジャーとの調整、職員の相談にのる)

このように、サービス提供責任者の資質によって事業所全体の質が決まると言っても過言ではありません。

事業所運営の中心といえる業務のため、管理者が兼務することもあります。また、サービス提供責任者自身も直接サービスに入ることもあります。

所長と違い、サービス提供責任者になるためには介護福祉士などの資格が必要です。

訪問介護員

サービス提供責任者が作成した計画をもとにサービス提供を実施するのが業務です。利用者と1対1で関わる、サービスの最前線に立つ立場になります。世間一般には、「ヘルパー」と言うと、例えば特別養護老人ホームの介護職員やデイサービスの職員等の全体をさして言うことが多いですよね。しかし法律的にいうと、この訪問介護員のみを「ヘルパー」と呼んでいます。

事務員

  1. 所属する職員の労務管理
  2. 利用者への請求・領収の管理
  3. 自治体への介護報酬の請求

以上のような業務になります。

なお、事務員は法律上必要な職員ではないので、事業所の規模によっては上記の職員が兼務していることもあります。

訪問介護のヘルパーの仕事内容は?

利用者に対しヘルパーが行う業務には、主に以下の2つがあります。

身体介護

  1. 食事
  2. 排泄
  3. 入浴
  4. 更衣
  5. 整容

などのボディタッチを伴う介護を身体介護と定義されています。食事については、実際に食事を摂取する行為の部分が身体介護にあたります。「ホームヘルパー」という名前からも分かるように、自宅の中で行われる身体介護のみが提供可能です。サービス提供は30分単位で行われます。

家事援助

調理、掃除、電球の交換、洗濯、衣類の修繕などの身の回りのお世話に関する業務が家事援助と定義されています。

どの家事についても、「日常生活上必要な部分のみ」が提供可能です。例えば、調理についてはおせち料理などの非日常的なものや、煮込み料理等の特別な手間や技術を必要とする内容については認められません。

掃除についても、いくら広い家だからといって居室、居間、台所、トイレ、お風呂やそれに面した廊下以外の部分はできないなどの細かい規定があります。

またサービス提供時間は以下の2種類しかありません。

  • 20分以上45分未満
  • 45分以上

なお、45分以上と書きましたがこれには上限がありません。

ただ、実際にはいくら長い時間提供しても45分としての介護報酬しか国からもらえないので、利用者に対しては「45分が上限です」と説明している事業所が大半です。

第82回社会保障審議会介護給付費分科会資料1-1を見ても45分以上については70分未満を目安としていることが伺えます。

訪問介護でできること、できないことは?

訪問介護には、さまざまなサービス提供上の制限があります。主なものは以下の通りです。

2時間縛り

訪問介護は、サービスとサービスの間隔を2時間以上空けなければならないという決まりがあります。例えば、10:00~11:00でサービス提供をした場合、次に提供できるのは13:00以降ということです。2時間縛りにとらわれない特例はあるものの、特別なケースでのみ認められているので、事業所としては説明しないことが多いです。

家事援助が提供できないケース

家事援助は、利用者が「独居もしくは同居人が家事を行うのが困難な場合にのみ提供できるとされています。家事を行うことが困難な場合というのは、同居人も要介護認定を受けていたり、障がいを持っていたりなどの物理的に家事が困難なことを指します。例えば以下のような理由は認められていませんので注意が必要です。

  • 夫がいるが、家事は妻に任せきりだったので家事行為の経験がない
  • 同居している家族が多忙のため

この家事援助については、提供可能なサービス内容やその対象について法律改正のたびに狭められたり、ローカルルールによって制限されている場合があります。そのため、お住まいの地域によってはこの記事の内容が当てはまらない場合があります。常に最新情報や自治体が公表している情報に気を配っていくことが必要です。

このように、訪問介護については、利用者と1対1で関わる業務のため、様々な決まり事があります。事業所を所管する都道府県や、保険者である市町村によっても法解釈や独自ルールによってその内容が地域にあったものになっているのが特色です。

業務量は多く、介護の最前線にたつ仕事になるため、プレッシャーを感じることが多い仕事ではあります。しかし、その分利用者からの反応がダイレクトに伝わってくるため、とてもやりがいがある仕事の一つです。「一番頼りになるのはヘルパーさんだわ」と言われることも多いです。ぜひ、一度見当してみてはいかがでしょうか。

介護の転職ノート@運営スタッフ
介護の転職ノートは介護職に関する情報サイトです。介護職に関わるみなさまの役に立つようなコンテンツを提供できるように、日々努力してまいります。サイトに関するご意見、ご要望などございましたら「お問合わせ」フォームにて受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

-介護の転職

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.