介護の転職

【介護の転職】訪問看護ステーションとは?

投稿日:

医療・福祉に関する職業といえば、一般的に病院をイメージする方も多いと思います。しかし、病院以外にも老人保健施設や学校など専門性を発揮できる職場はあり、在宅分野で活躍している医療職員もたくさんいます。そこで今回は私が現在働いている在宅分野の1つである訪問看護ステーションについてお話します。

訪問看護ステーションとは?

訪問看護ステーションとは訪問看護を行う事業所を指します。そして、訪問看護とは、自宅で療養する方に対して、看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの医療職が利用者様の自宅を訪問し、状態観察や医療的な処置、リハビリテーション(以下リハビリ)など医師や在宅機関と連携して在宅ケアを行うことです。

また、利用者様は事業所によっても異なりますが、生後何ヶ月のような子供さんから御高齢の方までさまざまで、基礎疾患や訪問看護の目的も異なります。利用者様の年齢層は幅広いですが、みなさん介護保険や医療保険を利用することで訪問看護のサービスを受けています。

訪問看護ステーションでの作業療法士の仕事内容

主な業務としては利用者様と一緒にリハビリを行います。内容は以下のようなものがあり、利用者様のデマンドや訪問看護の目的によってプランも異なります。

  • 関節可動域訓練
  • 立ち上がり訓練
  • 歩行訓練(屋内・屋外)
  • 排痰訓練
  • 日常生活動作(食事、整容、排泄、更衣、入浴)
  • 家事動作訓練
  • 作業活動(手芸、折り紙、貼り絵、編み物など趣味活動の再開に向けて)

また、リハビリ以外にも以下のような業務があります。

  • 自宅内の環境調整(転倒防止のための家具の配置、使い勝手の良い場所の変更)
  • 福祉用具の提案・選定(住宅改修、自助具の紹介)
  • ご家族への介助指導(移乗方法の指導、車いす操作指導)
  • 本人、ご家族の精神的ケア(傾聴)

利用者様と関わることが第一ではありますが、そのご家族もまた作業療法の対象です。利用者様はご家族と同居している方がほとんどで、時にはご家族からご相談を受けることもあります。

「前は家でこんなこともしていたんだけれど、最近は全くすることがなくなって困っているんです。」というように、利用者様に対して、「もっとこうなってほしい!」と期待しているご家族も多いのですが、大抵は利用者様にその思いを伝えていません。

そんな時は、作業療法士がご家族と利用者様の橋渡し役になります。また、利用者様の介護のために出掛けることも少なくなり、訪問した作業療法士に日頃の愚痴をこぼしたりする家族もいらっしゃいます。

また、サービス付き高齢者向け住宅などの施設に入所している利用者様も訪問看護の対象なので、その際は実際に関わっている介助職員に助言を求めることもあります。

訪問看護ステーションで働いてよかったこと

訪問看護で働いて良かったと思えることは、利用者様が在宅で生活をしているので、デマンドが明確になりやすい点です。

入院してリハビリを受けていらっしゃる患者様は、自宅で生活をしている自分を想像することが容易ではないため、デマンドを引き出すことが難しいことがしばしばあります。

一方、訪問看護では、今生活している中で困っていることがデマンドにつながることが多いように感じます。

実際に、施設に入所している利用者様のところに訪問した事例をお話します。この方はサービス付き高齢者向け住宅で生活をしていて、自宅にいる時は自営業の店番を務め、家事もこなし、庭で花を育てることが趣味でした。

しかし、施設に入所してからは介護職員にも依存心が強く、花を育てる場所もないため、趣味活動など自主的に動くことが少なくなっていました。

訪問リハビリで施設に伺った際、その方が、ふと「自分の部屋に花を飾りたい」と言いました。私はすぐに野草の花を探しに行きましょうと外にお誘いしました。

いつもは介護職員に手を引っ張られて歩いている利用者様でしたが、花を摘むとなると、職員の手を握ることなく自力で歩き、地面に生えている花をどんどん摘んでいました。

部屋に帰ってからも、花瓶に水を汲み、摘んできた花を生け、全て自分で飾り終え満足されている様子でした。この時私は、本人がしたいと思える作業の力はすごいなと感じ、デマンドをうまく引き出すことが利用者様のやる気につながるんだと感じました。

訪問看護で気をつけること

訪問中に利用者様の状態が悪くなることがあります。訪問中は助けてくれる人はいないうえ、さまざまな疾患を持つ利用者様の命に関わるので、その場に応じた適切な判断が重要です。

点滴のカテーテルの取り扱いや人工呼吸器など、看護の知識も持っているととても役に立つでしょう。小児疾患を持つ利用者様は、てんかん発作を起こしやすいので、誘発しやすい要因も知っておく必要があります。

訪問看護のまとめ

訪問看護ステーションの作業療法は、自分の動き方しだいで利用者様のしたい作業を引き出すことができます。したい作業が実現した時、それは大きな喜びと達成感に変わります。これが訪問看護の醍醐味です。

介護の転職ノート@運営スタッフ
介護の転職ノートは介護職に関する情報サイトです。介護職に関わるみなさまの役に立つようなコンテンツを提供できるように、日々努力してまいります。サイトに関するご意見、ご要望などございましたら「お問合わせ」フォームにて受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

-介護の転職

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.