介護の資格

介護に関する資格はとても多く存在します。

キャリアアップを目指したり、仕事の幅を広げるうえで、資格はとても重要なものになります。

でも、「介護の現場で働いてるけど介護に関する資格ってどんなものがあるんだろう?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はメジャーなものからマイナーなものまで、「介護に関する資格や講座・研修」について解説していきます。

介護職で資格取得を目指すならおさえておきたい資格や研修

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)

介護の仕事を始めた人がまず最初に目指すべき資格が「介護職員初任者研修」です。

介護職員初任者研修はその名の通り資格ではなく研修になりますが、この後に続く「介護福祉士実務者研修」や国家資格である「介護福祉士」へステップアップしていくための研修といえるでしょう。

「介護福祉士」の資格を取るためには必須の研修ではありませんが、介護職員初任者研修は介護の仕事をするうえでの基礎固めにとても大事な研修ですので、しっかりと修了しておくようにしましょう。

介護福祉士【国家資格】

「介護福祉士実務者研修」を修了した多くの人が次の目標とする資格が「介護福祉士」の資格となります。

介護福祉士の資格は「国家資格」であり、資格を取得することで任されるポストや仕事の幅がとても広がります。

また介護福祉士を雇用することは事業者にとっても大きなメリットがあるため転職にもとても有利な資格となります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは介護職のマネージメントに関する資格です。国家資格ではありませんが介護の世界ではとても重要視されている資格です。

利用者の相談を聞き、それをもとにケアプランを作成したり、スタッフ(介護職員やその他の専門職)と利用者の連携・連絡調整を行うのが主な業務です。

施設の形態によっては配置義務が定められているため、とても需要の高い資格になります。

社会福祉士【国家資格】

社会福祉士は介護施設や高齢者施設で利用者の相談業務を行うための資格となります。

こちらも介護福祉士と同様に「国家資格」であり、資格を取得することで仕事の幅は大きく広がります。

また、介護施設以外にも様々な活躍の場があるのも特徴の一つです。

機能訓練系の介護の資格

作業療法士【国家資格】

作業療法士は病気や怪我などの理由で日常の生活動作が出来なくなった人へのリハビリテーションを行うための資格になります。

介護の業界では体力や免疫力の低下などから起こる高齢者特有のさまざまな病気や心の問題など継続的なケアが必要になります。

作業療法士は病院で働いている方が多いですが、認知症のリハビリテーションなど介護業界での作業療法士の需要はとても高く、現在のところかなり良い条件の求人があるので介護業界に興味のある方は非公開求人のあるエージェントの利用がおすすめです。

更新日:

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.