介護の資格

【介護の資格】ケアマネージャー(ケアマネジャー/介護支援専門員)とは?

更新日:

在宅介護を利用するには欠かせない存在であるケアマネージャー。近年の高齢社会によってその需要はとても多く、介護の資格の中でも人気職種のひとつです。

ケアマネージャーとよく呼ばれていますが、正式名称である「介護支援専門員」や「ケアマネジャー」と表記されていることもあります。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)は難易度が比較的高い試験です。今回はケアマネジャー(ケアマネージャー)の仕事内容や年収、資格取得の方法、そして私が実践した勉強方法や合格体験談をまじえてご紹介します。

新人介護士なーこ
ケアマネージャーの試験は大変だっていうし、合格者の体験談はとてもためになるから、みんなも是非参考にしてね。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の仕事は何をするの?

ケアマネジャー(ケアマネージャー)はこのような仕事をしています。

  • 何に困って介護を必要としているのか、本人や家族の相談を受けながら分析します。
  • 本人の要望や心身の状態を総合的に考えたケアプランを作成します。
  • 実際に介護サービスを受けてどうだったかを見直しながら継続的に介護サービスを管理します。
  • 本人にサービスを提供する施設や他の医療チームなどとの連携や連絡調整を行います。
  • 要介護認定の申請をする際の書類作成代行をします。質の高いケアプランが作成できるかはケアマネジャー(ケアマネージャー)の腕にかかっています。介護にかかわる専門知識を持つことはもちろん、問題にすぐに気づいて行動するフットワークの軽さやマネージャーとしての能力が必要です。
新人介護士なーこ
利用者からの相談とプランの作成&改善、スタッフの連携と調整、いかにもマネージャーって感じだね。
介護転職エージェント湊
ケアマネージャーの仕事は主に介護の実務というより、適切なケアプランを組み、人の配置や仕事の方向性を決めていくマネージメント側の職種になるね。自分の仕事だけではなく、利用者とスタッフなど全体の状況に臨機応変に対応していく必要があるから責任はあるけど、やりがいのある仕事だね。
新人介護士なーこ
ということは、デスクワークが多くなるのかな?
介護転職エージェント湊
どちらかというとデスクワークの比率が高くなるね。「腰痛」になる人が介護職には多いんだけど、現場を離れるぶんそういうことが軽減されるメリットもあるよ。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の気になる給料や年収は

ケアマネージャーの平均月額給料は25万円~で、年収は350万円~です。年齢が上がるにつれて経験年数も上がるため、給料や年収も上がります。

介護福祉士と比べて平均で4~5万円高いところが多く、介護職種の中では高収入です。介護福祉士や看護師などと兼務している場合は夜勤手当や資格手当があったり、残業や休日出勤、夜間連絡などの対応が多くなりがちなので、その分手当として給料に加算されるケースが多いです。

ケアマネージャーはパートタイマーとしても勤務可能

家庭との両立を図るために、家事育児をしているときはパートタイマーで、育児が落ち着いたら常勤で勤務をするという働き方も可能なので、女性にとっては働きやすいです。介護福祉士が時給850円~1000円に対し、ケアマネは時給1200円~と高単価です。

新人介護士なーこ
月給で4万円〜5万円も変わってくるなんて凄いね!羨ましいなぁ…
介護転職エージェント湊
介護職でケアマネジャーを目指すのは給与を上げたい女性にとっては特に魅力的だね。パート勤務でこの金額を貰うのは中々難しいし、ケアマネージャーの需要は高いからね。都心部ではもっと良い給与の施設もあるよ。
新人介護士なーこ
ケアマネージャーの就職先選びで気をつけるべきことはあるの?
介護転職エージェント湊
施設によって様々だけど、残業代などの各種手当てがつかないような職場が避けた方が良いね。仕事の責任や負担が大きいわりに給与に反映されなかったらモチベーションもあがらないからね。
新人介護士なーこ
確かにそうかも…お給料が全てじゃないけど、自分の頑張ったことを評価してくれる施設の方が自信もつきそうだしね。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の資格取得方法が知りたい!

ケアマネージャーの受験資格

ケアマネジャー(ケアマネージャー)として働くには「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。まずこの試験を受けるための受験資格を持っているかを確認しましょう。

  • 「受験資格となる国家資格(下記参照)を持って、実務経験が5年以上その業務に従事した日数が900日以上」あること。
  • 「相談業務に従事し実務経験が5年以上、その業務に従事した日数が900日以上」あること。
  • 「介護の業務や介護に関する指導を行う業務に従事した期間が、
    1.社会福祉主事任用資格者・介護職員初任者研修(ヘルパー2級)・介護福祉士実務者研修(ヘルパー1級)を修了していれば5年以上あること。
    2.無資格者であれば10年以上あること。(こちらの資格条件は平成30年度の試験より廃止されますので注意しましょう。)

参考:厚生労働省

申し込みの際には実務経験が資格条件に満たされているかを証明する「実務経験証明書」を添付しなければなりません。もしその間に転職や退職をしていた場合、以前勤めていた職場に確認が必要であり、発行に時間がかかる場合があるので、早めに問い合わせをしましょう。

ケアマネージャーの受験資格一覧

  • 福祉関連の資格
    介護福祉士社会福祉士(SW)、精神保健福祉士(PSW)
  • 医療関連の資格
    医師、薬剤師、看護師、准看護師、歯科医師、歯科衛生士
  • 機能訓練関連の資格
    理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師
  • 栄養関連の資格
    管理栄養士、栄養士

ケアマネージャー合格までの流れ

主にこのような流れになっています。

  • 6~7月 願書提出資格証明書や実務経験証明書の提出が必要です。申し込み期間は1か月間となっています。
  • 10月 介護支援専門員実務研修受講試験 (筆記試験)1月にある実務研修を受けるための試験です。
  • 11月~12月合格発表
  • 【合格したら】1月~3月 介護支援専門員実務研修を受講修了後登録をすれば介護支援専門員証が交付されます。有効期間は5年なので、期限が切れたらまた介護支援専門員再研修を受講する必要があります。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の試験には費用がかかります。平成28年度データによると、各都道府県で開きがありますが、筆記試験では7,100円~9,200円研修では12,567円~32,290円(テキスト代と受講料)がかかります。決して安くない受験料なので、確実に合格を目指してがんばりましょう。

ケアマネージャーの合格率

ケアマネジャー(ケアマネージャー)試験に合格するには、基準点を満たす必要があります。合格基準は「何点取れば合格」というものではなく、正答率70%が基準になりますので、問題の難易度によって合格点を変動させるしくみになっています。

平成28年度の合格率は13.1%でした(厚生労働省HP:介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況)。過去5年間の間で最も低い結果となっています。より良い人材を確保するため、年々試験と研修が厳しくなっていることが現状です。

介護支援専門員実務研修について

10月の介護支援専門員実務研修受講試験、この難関を突破すると、介護支援専門員実務研修という研修があります。これってどんな内容なのか気になりますよね。これがすごく大変です。

ケアマネの専門性の向上を図ろうという取り組みから、平成28年度より研修時間が今までの44時間から87時間になりました。今後高齢化が進む中で、介護分野だけでなく医療分野にも豊富な知識が必要になり、それを踏まえたマネジメントが必要になると懸念されたからです。筆記試験突破も狭き門ですが、さらに実務研修の内容も厳しくなってきています。

私は3年前に筆記試験に合格し、研修を受講しました。約3ヶ月かけての研修なのですが、ほぼ一日缶詰状態です。また、実際に自分で利用者を探してケアプランを作成する実習があり、たくさんの課題が用意されています。仕事をしながら研修に参加するのは体力的にも精神的にも大変でした。

しかし、都道府県によって違いますが、私が住んでいる県では6人ずつくらいのグループワークが主で、班全体で意見を出し合う機会があり、孤独感はなく、みんなで頑張ろうという意識が芽生えたので頑張れました。また、普段話す機会が少ない他職種の方と話しをしたりなど、研修を通してとても貴重な経験ができました。

ケアマネジャーの試験対策

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の試験に合格したい!でも何から始めていいかわからない…。難しい試験を突破するためにも、早めの準備がしたいですよね。そこで私オススメの試験対策をご紹介します。

独学で勉強をする

自分のペースで勉強ができ、費用もテキスト代のみで安くすむため、ほとんどの方が仕事をしながら独学で勉強しています。

私の体験談ですが、夜勤のある仕事をしながら挑戦しました。介護福祉士に合格したその年にケアマネジャー(ケアマネージャー)を受験したので、2つの資格試験を合わせて総合的に勉強した期間が1年以上ありましたが、ケアマネの試験を本格的にスタートさせたのが試験半年前の4月頃でした。参考書は予想問題集・過去問題集・一問一答集の3冊だけを購入し(1冊3000円)、1日2~3時間の勉強ですべての問題を解き終え、合格することができました。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)の試験は応用問題ももちろん出題されますが、基本的な問題も出題されるので、まずは基礎をしっかり固めていれば解ける問題が多くあります。受験したいと思ったときから早めに勉強にとりかかることが大切です。

ケアマネージャーを講座で取得する

ケアマネージャーの通信講座

独学で合格すればベストですが、参考書を買っただけで満足したり、仕事が忙しくてついつい気が向いたときにだけしか勉強できなかったりしませんか。通信講座も参考書を買って家で勉強するから同じだと思いますよね。

実は通信講座は独学とは違い、勉強スケジュールを事前に組んでくれるので、忙しい人やスケジュールを組むのが苦手な人、勉強に集中できない人にはピッタリの選択です。

価格:期間は講座によって3ヶ月~6か月までのコースがあり、受講料は3万円~4万円程度です。

開講時期:3月~6月頃。1月下旬ごろから新しい資料や申し込みの書類などが配布されます。

ケアマネージャーの通学講座

独学で学習をするのがどうしても苦手…でも、ケアマネジャー(ケアマネージャー)に必ず受かりたいというあなたには、通学講座がオススメです。

独学や通信講座に比べて高額ですが、試験に対する最新の情報や試験対策をプロの先生から聞くことができるので安心です。全科目勉強したり、科目を絞って勉強したりと選択できます。勉強期間もそれぞれなので、短期間集中or長期間じっくり…など、自分の好きなコースを選んでみましょう。

価格:6万円~16万円

開講期間:試験が行われる半年前から学習できるコースから1ヶ月以内の短期集中コース、回数制など幅広くあります。

ケアマネジャー(ケアマネージャー)のまとめ

ケアマネージャーの仕事や試験と研修内容、勉強方法などについてご紹介させていただきました。ケアマネージャーの仕事はこれから高齢社会に向けてますます需要が高まります。ケアマネージャーがますます増えていく高齢者を支える存在として期待されているからです。あなたに合う勉強方法や試験対策を見つけて、晴れてケアマネージャーとして活躍してもらえることを願っています。

さらすぴ
大卒後、デイサービスの介護士兼相談員、特養の介護士を経験。働きながら資格取得し、現在専業主婦1児の母。また福祉の現場に立つ為にライターを経験しながら勉強中です。【職歴】デイサービス特別養護老人ホーム、市役所介護保険課【職種】介護職員、デイサービス相談員【資格】社会福祉士介護福祉士介護支援専門員(ケアマネージャー)

-介護の資格

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.