【介護の転職】プロの介護士が本音で語るあなたにピッタリの就職先

福祉業界には数多くの職場が存在します。実際に介護の現場で働いていても全ての業務形態を把握するのはなかなか大変です。

「職場環境が自分に合っていない」「職場での仕事内容や人間関係で悩みを抱えている」などの理由で転職を考えている方もいらっしゃるかと思います。

「自分に合った職場を探したい」という方は、ぜひ一度こちらの記事からどのような仕事があるのかを探してみてください。

同じ福祉であっても就職先によって、『月の給与や賞与・手当を含めた年収』『残業や休日の条件』『職員の数や雰囲気』『キャリアアップが出来るか否か』などかなりの違いがあります。

また、介護からの転職というと高齢者を対象とした介護施設だけを思い浮かべる方もいらっしゃいますが、それ以外にもキャリアを活かせる沢山の選択肢が存在します。

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホーム(特養)は、介護業界の中でもとてもメジャーな就職先の1つです。

特養の特徴は、「時間的な調整ができる」「キャリアアップに必要な資格が取得できる」「夜勤をすることで給料をあげることができる」といったものになります。

また、要介護度が高い利用者の人が多いのも、特別養護老人ホーム(特養)の大きな特徴です。

障がい者施設

障がい者施設は身体に障害のある方のための施設です。特養や老健などと違い、高齢者専用の施設ではなく小さいお子様からご高齢の方まで支援が必要な人が利用します。

また一般的な福祉施設と比べて給与が高いなどのメリットもあります。女性と比較して男性の需要がやや高いですが、資格やキャリアを活かせる仕事なので女性にもオススメです。

デイサービス(通所介護)

デイサービス(通所介護)は利用者さんの食事や入浴の介助、機能訓練などを主体とした仕事になります。

比較的要介護度の低い方が多く、自由時間などもありレクリエーションでの気分転換など体調管理を目的としています。

訪問介護は訪問スタッフが利用者さんの自宅で仕事をするのに対し、デイサービスは施設での仕事になるので利用者さんの送迎が仕事内容にふくまれています。

似た名前のサービスにデイケアがありますが、仕事の内容は大きく違うので注意しましょう。デイケアはリハビリを中心とした介護サービスになります。

認知症対応型通所介護

認知症の方を対象とした専門のデイサービスです。通常のデイサービスと比べ利用者さんの数が少ないため1日を通してゆとりを持って仕事をすることができます。

認知症の方を対象としたサービスなので利用者さんへの対応の難しさはありますが、特定の利用者さんとじっくり向き合って働きたいという方にはオススメの職場です。

また、認知症に関する専門的な資格や研修なども多くこれからスキルアップを目指す方にもピッタリです。

訪問介護

訪問介護は利用者さんの自宅で身体介護や家事援助をする介護サービスになります。

訪問介護は家事援助など利用者さんの身の回りのお世話をすることが仕事内容に含まれているのが特徴です。

一度の訪問時間はおおよそで20分〜45分ほどになります。

スキルの幅を広げてみたい方にはオススメの転職先になります。

訪問入浴介護

訪問入浴介護はその名の通り入浴が困難な利用者さんのもとへ訪問し、入浴の手助けをする仕事です。

入浴介助の仕事は「看護師」の訪問スタッフが必須ですので職場環境を変えたい人や、新しいことへ挑戦してみたい看護師の方にもオススメです。

また入浴に特化した訪問介護ですので入浴設備なども充実しています。訪問介護の仕事に興味のある介護士の方は是非一度チェックしてみてください。

更新日:

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.