介護の資格

介護・福祉業界の看護師の転職事情について

更新日:

看護師の就職先として一番初めに思いうかぶのは病院ではないでしょうか。それは、私たちが看護師に会う機会が多い場所が病院だからかもしれません。しかし、病院以外の就職先もたくさんあります。今回は、介護や福祉関係の就職先についてご紹介します。

介護施設

介護施設には、以下のようなものがあります。

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム:特養)

在宅生活が難しく、常時介護を必要とする利用者が入所する施設です。

特別養護老人ホーム(特養)の詳細記事はこちらから

【介護の転職】特別養護老人ホーム(特養)とは?

介護の施設は種類が多くて、どこで働いたらいいのか悩みますよね。しかし、職場の選択はとても大切で、これから介護士として経験を積むうえで大きな分岐点になります。 介護の仕事が未経験であれば、「特別養護老人 ...

続きを見る

介護老人保健施設

病状が安定しており、看護や介護、リハビリテーションを必要とする利用者が入所する施設です。早期に在宅復帰できるよう努めたり、在宅生活が少しでも継続できるよう支援したりする役割もあります。

有料老人ホーム

民間企業などが運営しており、入居できる年齢や介護度・サービスはその施設によって異なります。レクリエーションの豊富さや設備の充実度など、上記2つの施設に比べてより入居者一人一人に合ったサービスをうけることができます。

有料老人ホームには、健康型・住宅型・介護付きの3種類があります。特に看護師が働く場としてニーズがあるのが、介護付き有料老人ホームです。その名の通り介護や医療をうけることができる施設のため、中にはケア依存度の高い入居者もいます。

介護施設での看護師の仕事内容

どの施設もバイタル測定などの健康管理を中心とし、服薬管理や介護士など他職種のスタッフと連携を図りながら業務を行います。介護ケアは主に介護士が行いますが、人手が足りない時は看護師が行う場合もあります。そして特養は、治療が必要な方が入所するため看護師が医療ケアをする割合が高くなります。

また夜勤についてですが、介護老人保健施設と有料老人ホームでは夜勤のある施設もあります。その他は、オンコールで対応している施設が多いです。転職する際には、希望する施設がどのような体制をとっているのか確認しましょう。

訪問入浴介護

自宅での入浴が困難な利用者に対して、専用の浴槽を用いて入浴介助をします。

看護師の主な仕事

  • バイタル測定などの入浴可否の判断
  • 入浴後の軟膏の塗布、褥瘡の処置

基本的には介護士2名と一緒に訪問し、入浴介助や着脱介助も行います。

訪問入浴介護の詳細記事はこちらから

【介護の転職】訪問入浴介護とは?

看護師の働く職場は病院以外にも多種多様にあります。介護の現場もそのうちのひとつです。介護サービスには居宅介護と施設介護がありますが、居宅介護の中のひとつに訪問入浴介護があります。 訪問入浴介護とは? ...

続きを見る

訪問看護

医師の指示書に基づいて、利用者の自宅を訪問し医療ケアや日常生活のケアを行います。利用者の多くは高齢者ですが、中には若いがん患者もいます。

筆者が訪問入浴介護で勤務中に出会う訪問看護師は、点滴やCV(中心静脈栄養)の交換や褥瘡の処置、摘便などの排便コントロールを行っていることが多かったです。また、家族に対する介護技術の指導や、話を聞き不安を解消することも重要な業務となります。多くが日勤ですが、緊急時の呼び出しがある場合があります。

通所介護(デイサービス)

利用者に対し、健康チェックや軟膏の塗布、インシュリン注射などの処置を行います。通所介護に通う高齢者は、体調が安定し在宅生活を送っている人がほとんどですので、医療的処置は少ないです。しかし、急変時は救急車を呼んだり主治医に連絡したりと、医療職として責任のある行動が求められます。また認知症の利用者も多くいるため、認知症に対するケア技術も必要です。

デイサービスの詳細記事はこちらから

【介護の転職】デイサービス(通所介護)とは?

今後ますます需要の高まる介護業界。中でも欠かせない施設のひとつがデイサービスです。今回、デイサービスで働いてみたい方のために、業務内容や職種、働く上での注意点や必要資格などについてお伝えしていきます。 ...

続きを見る

介護業界で看護師の求人はあるの?

看護師不足は病院だけでなく、介護や福祉の現場でも起きています。今後も高齢者は増える見込みですので、一層看護師のニーズが高まってくると考えられます。

例として筆者の住む市内で調べたところ、100件以上の求人があり多くは施設や訪問看護でした。日勤のみやパートなど雇用形態もさまざまで、病院よりも自分のライフスタイルに合わせて勤務ができます。

また、訪問入浴介護や通所介護は派遣看護師の求人で多くみられました。派遣看護師は、事前に派遣会社に登録し仕事内容や勤務地をその都度選び、自分の都合の良いときに勤務できるというものです。

介護業界での看護師の給与や収入は?

2013年に日本看護協会が行った、病院で働く看護師(非管理職)の給与総月額の平均は約35万円でした。

参考:日本看護協会 病院勤務の看護職の賃金に関する調査より

筆者の住む市内で正看護師、常勤の求人を調べたところ、施設の夜勤ありで約25~30万円、夜勤なしで約23~27万円でした。訪問看護では、約24~30万円のところが多くありました。夜勤があると手当がつくため、給与額に影響します。夜勤をして収入アップを狙いたい、収入よりも日勤のみで働きたいなど、自分の希望に合わせて選ぶことができそうです。

ちなみに筆者が訪問入浴介護で働いていたときの月給は、約30万円前後でした。雇用形態はアルバイトで週4日勤務でしたが、休憩がとれず残業が多かったこともあり、手当が多くついた結果です。

介護業界の看護師求人の見つけ方

介護や福祉関係の就職先は、病院で働く看護師が転職先として選ぶことが多くあります。ご覧いただいたとおり、介護や福祉関係といっても仕事の内容はさまざまです。そして、一緒に働く介護士と協力して介護の仕事を行ったり、高齢者とのコミュニケーションスキルがより重要だったりと、病院と違う面もあります。しかし、病院に比べ一人一人とゆっくり関わりその人に合った援助ができるのが介護・福祉の現場の楽しさです。どのような看護師になりたいのか、どういったライフスタイルを送りたいのか明確にしたうえで就職先を選ぶと、自分にピッタリ合った就職先が見つかるのではないでしょうか。

オリーブ
介護の魅力を発信できるよう、読みやすい記事を心がけていきたいと思います。【職歴】一般病棟、訪問入浴介護【職種】看護職員【資格】看護師

-介護の資格

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.