介護の資格

【介護の資格】社会福祉士の資格について徹底解説!

更新日:

介護の仕事をしていくうえで資格というのは、将来のキャリア形成や、年収に大きな影響を与えます。

現在、介護の仕事をされている方で、「社会福祉士」の資格取得を検討されているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は「社会福祉士の資格」について詳しくお話します。

そもそも社会福祉士とは?

1987年に制定された、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく国家資格です。

介護福祉士が、要介護者の直接援助(身体介護、家事援助等)に関わる専門職であるのに対し、社会福祉士は国が認めた相談業務のスペシャリストです。

社会福祉士は「名称独占」の資格

国家資格には「名称独占」「業務独占」の2つの資格があります。

国家資格の「名称独占」とは?

「その資格が無くても業務に携わることはできるが、資格がない者が名乗ることはできない」という資格です。社会福祉士や介護福祉士はこちらに該当します。

国家資格の「業務独占」とは?

「その資格がないと当該業務ができない」という資格です。医師や看護師はこちらに該当します。


よく新聞やテレビで、“介護職員”と“介護福祉士”を分けて呼ぶことがありますよね。介護の仕事をしているから“介護福祉士”なのではなく、“介護福祉士”という特別な資格をもって介護職員をしているという意味です。

新人介護士なーこ
「介護職員」は介護施設で働いている人で、「介護福祉士」は資格の名前ってことなんだね。
介護転職エージェント湊
介護の業界は「資格」と「職種」が混同されやすいものが沢山あるから注意が必要だね。

社会福祉士の仕事内容は?

皆さんは、社会福祉士というとどのようなイメージがありますか?

一般的には、特別養護老人ホーム(特養)の相談員や、地域包括支援センター等、高齢者福祉に関する業務に就くことが多いと考える方が多いのではないでしょうか。

じつは、社会福祉士の仕事は高齢者福祉に限らず、その活動は多岐に渡っています。

病院での社会福祉士の仕事

入院患者と看護師や医師、退院後に向けた在宅復帰支援業務の中心となり各種専門職との連絡調整や相談業務に当たります。

社会福祉協議会での社会福祉士の仕事

ボランティアコーディネーターのような役割を担ったり、要援助者の金銭管理のお手伝いなどを行う生活支援事業の中心を担ったりしています。

行政機関での社会福祉士の仕事

障がい者・障がい児に対応する子育て支援や障がい福祉担当課に配属され、生活を支援する業務をになったり、またはひとり親家庭や生活困窮者に対する援助の中心的役割を務めています。

社会復帰支援や就労訓練の仕事

その他にも、犯罪者の社会復帰支援や障がい者の就労訓練にあたることもあります。

実際に、私が以前勤めていた障がい者の就労訓練施設において、社会福祉士のコーディネートによる利用者受け入れをおこなったことがあります。

近頃は、精神や知的に障がいを持った方が様々な罪を犯してしまったり、複雑な事情により援助が必要となり、自分の力だけでは生活できなくなってしまった方がたくさんいます。

社会福祉士は、こういった様々な課題を解決するための中心的な存在であり、今もっとも社会から必要とされている人材の一つと言えるでしょう。

新人介護士なーこ
「社会福祉士」の資格があれば高齢者の介護だけじゃなく、いろいろな仕事ができるようになるんだね。私もいつか目指してみたいなぁ。

社会福祉士になるにはどうしたらいいの?

社会福祉士になるには国家試験に合格することが必要

社会福祉士は狭き門です。その国家試験はかなりの難易度と言ってもいいでしょう。

社会福祉士の国家試験の難易度と合格率について

厚生労働省発出の第29回社会福福祉士国家試験合格発表によると、直近の平成28年度の合格率は26.2%と発表されています。これに対し、介護福祉士の合格率は57.9%です。

この合格率の差は、その出題範囲の広さにあると言えるでしょう。介護福祉士の試験は、介護技術、法令、医療の基礎知識等が主ですが、社会福祉士の場合は、さらに相談援助技術、権利擁護、更生保護に関する知識、児童・家庭福祉に関する知識など広い知識が求められています。

新人介護士なーこ
「合格率は4人に1人」かぁ。これはかなり頑張らないといけないなぁ。

社会福祉士国家試験の受験資格を得るための4つの方法

  • 大学等で指定科目を履修する
  • 短大等で指定科目を履修して実務1~2年を経験する
  • 養成施設を卒業する
  • 指定されている施設で指定されている実務を5年以上経験する

学生のころから社会福祉士を目指している方は、社会福祉士課程のある大学や専門学校を卒業することで、受験資格を得ることができます。

筆者のように、社会人になってから社会福祉士を目指す場合は、生活相談員などの相談業務で実務経験を積み、受験資格に必要な単位を通信講座にて得るというルートが一般的です。

実務経験としては“介護職員”は認められず、“相談業務”が必要になるという点が誤解されやすいポイントなので注意が必要です。

また、社会福祉士の通信教育は、受験資格を得るための通信講座と、試験合格に向けた通信講座がありますので注意しましょう。

新人介護士なーこ
わたしみたいに働きながら資格を取りたい人は、まず「相談業務の実務経験」を積んでいかないとだね。

社会福祉士になるには、どのくらい費用がかかるの?

筆者の最寄りの大学で企画されている通信課程の講座を調べてみました。

基本の授業料が1年で150,000円程度。実習が必要な場合はさらに150,000円程度の費用がかかります。

通信講座でも、実際に定期的に学校に通って授業を受けることがあります。これには科目ごとに10,000円ほど必要です。

資料請求の際、もともと卒業した大学の成績証明書を添付し、費用の見積もりをもらうこともできます。

もちろん、履修済みの科目があればその分経費はかかりません。

新人介護士なーこ
大学に通うと学費は結構かかるんだね〜。わたしの場合は社会人だから、相談業務の経験を積んでから「通信講座」ってことになるのかな。

社会福祉士まとめ

このように、社会福祉士は、努力を惜しまない姿勢が必要です。しかし、社会福祉士は大変重要な資格であり、仕事のやりがいもその努力に見合ったものになるでしょう。

そんな私も、現在社会福祉士になることを目標に頑張っている者の一人です。

一緒に、プロの相談援助業務ができる人材を目指していきましょう!

新人介護士なーこ
勉強になったな〜。わたしもいつか「社会福祉」の資格が取れるように頑張ろっ!
介護の転職ノート@運営スタッフ
介護の転職ノートは介護職に関する情報サイトです。介護職に関わるみなさまの役に立つようなコンテンツを提供できるように、日々努力してまいります。サイトに関するご意見、ご要望などございましたら「お問合わせ」フォームにて受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

-介護の資格

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.