介護の転職

【介護の転職】特別養護老人ホーム(特養)とは?

更新日:

介護の施設は種類が多くて、どこで働いたらいいのか悩みますよね。しかし、職場の選択はとても大切で、これから介護士として経験を積むうえで大きな分岐点になります。

介護の仕事が未経験であれば、「特別養護老人ホーム(特養)」をオススメします。それはなぜでしょうか。特養で勤務していたからこそ語れる勤務内容や、あなたに合う施設の選び方についてまとめたのでご紹介します!

特別養護老人ホーム(特養)について

特養ってどんなところ?

特別養護老人ホーム(特養)は別名「介護老人福祉施設」と呼ばれています。

自宅で生活することが困難な高齢者が施設の中で食事や排泄などの援助を受けることができるので、ほとんどの入所者が「終の棲家」として余生をすごします。特養は公的に運営されているため低料金で利用できるので、人気の高い施設です。

特養で生活をしている利用者について

特養を利用できる対象者を挙げてみました。

  • 介護保険を認定を受けた要介護度3以上の65歳以上の人が対象で、その中でも、寝たきりや認知症などで在宅での生活が困難な人が優先的に利用できます。
  • 65歳以下の場合でも、若年性認知症などの特定疾患があり、在宅での生活が困難な人は利用できます。

特養はこれらの条件により、65歳以上かつ要介護度の高い利用者が多い施設です。しかし病院ではないため、医師・看護師の人数は限られているので、介護職員は日頃から入所者の体調の細かいチェックが仕事のひとつです。身体的な介護の他に、基本的な医療知識も必要です。

特養で働く職員について

特養では医師、生活相談員、看護師、介護職員、栄養士、機能訓練指導員、ケアマネージャーなどの専門職が働いています。

100人利用者がいたら医師・生活相談員・ケアマネージャー・栄養士は・機能訓練指導員はそれぞれ1人ずつ、看護師は3~4人、介護職員は30人程度です。

医師は非常勤であることが多いので、隣接している病院や施設から派遣され、定期的に入所者の体調チェックに回ります。機能訓練指導員は入所者の身体のリハビリを行い、施設看護師が兼務することが多いです。

特養の仕事内容が知りたい

特養の1日のスケジュール

特養の主な1日の流れをご紹介します。

6:00 起床 洗面・更衣・排泄介助、食堂へのフロア移動の見守り・介助

7:00 朝食 食事介助・食後の口腔ケア、排泄介助

8:00  看護師や日勤介護職員へ夜勤の申し送り

9:00  入浴介助

11:00 排泄介助・食堂へのフロア移動の見守り・介助

12:00 昼食 食事介助・食後の口腔ケア、食後の排泄介助

13:00 お昼休憩

14:00 午後のレクリエーションや行事、入浴介助

15:00 おやつ、水分補給

16:00 排泄介助、看護師や夜勤介護職員へ日勤の申し送り、食堂へのフロア移動の見守り・介助、夕食の準備など

17:30 夕食 食事介助

18:30 食後の口腔ケア 排泄介助、ベッドや布団への移乗介助

19:00 水分補給

21:00 消灯

特養の夜勤って大変?

介護職員の夜勤は利用者が100人いれば4~5名の職員で仕事をします。各ユニットに30人利用者がれば、そのユニットを1名で見回ります。基本的に利用者が寝ている間は日誌や翌日の準備をします。休憩は1~2時間あり、交代で休みが取れることもありますが、限られた人数で業務を行うので、利用者の体調不良など緊急を要するときは休憩が取れないこともあります。看護師は夜間常駐していないので、緊急の場合、連携している病棟から派遣されます。

ターミナルケア(看取り介護)の方や認知症があり夜間の奇行や徘徊がある方の対応は特に大変です。そういった方がおらず、利用者が全員朝までおやすみになったとしても、夜間の業務は体にこたえます。

しかし、基本的に夜勤明けは家に帰宅して休めますし、翌日は必ず休みなので、日勤業務より休みが多く楽に感じます。また、夜勤手当のために頑張る職員も多いです。

特養で働くメリット

特養は介護の基本が学べる

冒頭でも言いましたが、介護の仕事が未経験であれば特養をオススメします。ここでは、私が特養で経験してよかったと思ったことをご紹介します。

  • 利用者の一日(朝・昼・夜)を観察できます。日中と夜間で入所者の状態は変化します。そのような利用者への対応の仕方を覚えておくと、介護士として多くの経験を積むことができます。
  • ベッドから車椅子への移乗、利用者のさまざまな身体状況に合わせた食事介助、おむつ交換、入浴介助など、介護で習ったすべてのことを経験できます。
  • 利用者の担当を持ち、施設ケアマネージャーと一緒にケアプランの作成の経験ができます。

働く時間が選べる

生活スタイルに合わせてアルバイトやパートなどの勤務ができる施設が多いので、女性など家庭がある方でも働きやすいです。また、夜勤をすることで夜勤手当が支給されますので、給料を上げることができます。

特養の給料や年収について

特養で働く施設職員の平均月額は夜勤をしても15~17万円で、年収は250~400万円と言われています。夜勤があって、精神的にも肉体的にもキツイのに給料が割に合わず、離職する職員も少なくありません。

しかし、私が以前勤めていた特養では、夜勤手当が1,000円アップしたり、ボーナスが上乗せされたなどといううれしい話を元同僚から聞きました。月額20万円以上の給料も十分に可能になりました。このように、介護現場の大変さを考慮し、基本給とは別に夜勤手当(月に4~5回で1回につき平均5,000~6,000円)を増やしたり、休日手当や資格手当を上げるなど、施設の企業努力は年々進んでいます。

特養で働く前に!腰痛には気を付けよう

適切な介護技術で仕事をしないと腰を痛める可能性があります。特養は要介護度が重い利用者が多いため、たくさんの方を介助しなければなりません。特に新人のころは無理をしすぎるので要注意です。上司や先輩に正しい移乗方法など介助の仕方を習っておくとイイでしょう。また、腰のコルセットは腰痛の軽減や予防ができるので、仕事開始の1日目からつけておいてください。施設によって腰のコルセットを支給しているところがありますので、事前に聞いてみましょう。

どんな特養で働くのがいいの?

特養で介護の仕事をすればやりがいがあっていい経験になりそうだから、自分に合う環境で働いてみたい。でも、たくさんの施設からどうやって選択すればいいんだろう。そんなあなたに、施設選びのポイントをご紹介します。

「施設が新しい」より、「施設の実績や評判」を優先に

新しくキレイな施設って惹かれますよね。入所者側からみるとOKなのですが、施設が新しくキレイだけで選ぶのは待ってください。実際に働いている職員の質が大切です。特に新入職員の場合、先輩から指導を受けることが成長のカギです。その中で、未経験で新しい施設に飛び込んでしまうと、どの職員も始まったばかりで余裕がなく、満足に指導ができないという可能性があります。まずは施設の新旧ではなく、「施設の評判がいい」「実績がある」施設を選ぶようにしましょう。経験や実績がある先輩が多く、しっかり指導してくださる職場はすごくオススメです。

実際に特養で働いている人の口コミを聞く

実際に特養で働いている人がいれば、必ず聞いておきましょう。給料や待遇などのほかに、職場の雰囲気や働きやすさなどの情報を知ることができます。周りに働いている人が見つからないという方は、事前に職場を見学させてもらえるかを問い合わせてみましょう。見学に行くとその職場の雰囲気をつかむことができます。

給料だけでなく業務手当や福利厚生を確認する

特養の給料は施設によって違いがあります。施設や企業側は、資格手当や夜勤手当など、福利厚生を厚くするなど努力しているので、基本給にプラスされる手当がどのようなもがあるのかを聞いておきましょう。特養は残業が多いところです。残業手当があるかも確認してください。また、特養は土日も業務がある職場なので、希望の休みがとれるかも確認しておきましょう。

特別養護老人ホーム(特養)のまとめ

特養に勤務していた経験から、特養についてご紹介させていただきました。特養は介護度が重い利用者が多く、利用者の特徴を覚えながら一日の流れをつかむのが大変でしたが、仕事をしながら自然に基本の介護技術が身につきます。介護の経験を積みたいと思う人にはオススメなので、ぜひチャレンジしてみてください。

さらすぴ
大卒後、デイサービスの介護士兼相談員、特養の介護士を経験。働きながら資格取得し、現在専業主婦1児の母。また福祉の現場に立つ為にライターを経験しながら勉強中です。【職歴】デイサービス特別養護老人ホーム、市役所介護保険課【職種】介護職員、デイサービス相談員【資格】社会福祉士介護福祉士介護支援専門員(ケアマネージャー)

-介護の転職

Copyright© 介護の転職ノート , 2017 AllRights Reserved.